池袋「揚州商人」さんに行ってきました。

2013年8月10日、池袋にある『揚州商人』さんにお邪魔しました。

真夏真っ盛りに熱いものが食べたくなる時は、大抵ラーメン屋さんのお世話になることが多いです。

熱いものをササッと食べたい、と思うのかも知れません。

ラーメン屋さんと言うと、日本では醤油やみそ、とんこつなど、その土地柄でも色々なラーメンがあります。

しかし、こちらの『揚州商人』さんで注文するのは、決まってスーラータンメン。

スーラー_揚州商人

他のメニューも色々と見るのですが、結局はこのスーラータンメンを頼んでしまうのは、美味しいから。

酸味と辛味がちょうどよいのは言わずもがなですが、それに加えて味が良い。

細麺と刀削麺と選ぶことができますが、店員さんのオススメは細麺。
それを聞いてからは、必ず細麺でいただくようにしています。

酸味がもう少し欲しい、と思う方には、テーブルの上に黒酢が置いてあるので、それを足して食べるのも良いと思います。

他にも、醤油や塩の、一般的なラーメンも置いているようですが、やはり中国由来のお店ということもあり、みそベースのものやとんこつベースのものは置いていないようです。

ただ、変わりダネとしては、黒酢ラーメンやトマ玉ラーメンなんてのも置いてます。

ラーメンは食べたいけど、あまりこってりしたものは……と言う時には、このようなメニューを頼んでみるのも良いかも知れません。

この日は注文しませんでしたが、サイドメニューとして小龍包を頼んだり、デザートに杏仁豆腐をお願いしたりすることもあります。

小龍包は別皿に刻み生姜が出されるので、それと酢醤油とでいただきます。

杏仁豆腐は、こちらのお店にメルマガ登録をすると、普段の価格より安く注文することができるクーポンメールが届いたりと、嬉しいサービスがあったりします。

店内には、お店発行の読み物が置いてあったり、お客さんを飽きさせない工夫が見られます。

注文したラーメンが出てくるまでの時間(少ししかありませんが)、読み物を手にとって見てみるのも楽しいです。

中国を感じる雑学が書かれていたり、お店の人のコラムが書かれていたり、『揚州商人』というお店を身近に感じることができます。

そんな『揚州商人』さんのホームページはコチラ

揚州商人ホームページ

ちょくちょく行ってます、池袋『タカセ』さん

2013年7月14日、またまた池袋の『タカセ』さんにお邪魔しました。
この日はちょっと遅めのランチでお邪魔することに。

池袋の東口、みずほ銀行の隣のビルという目立つ位置にあるにも関わらず、行列に並んだことがないこちらのお店。

美味しくてボリュームがあるので、そもそも洋食が好きだし、たくさん食べたい時には、いつも『タカセ』さんの名前が真っ先に頭に浮かんできてしまいます。

行列に並ぶのが嫌なので、もし列が出来てるようなお店なら、これほどリピートもしないと思います。

行列ができるからって美味しいとも限らないし、行列が出来ているお店で美味しいお店はおそらくあまり多くはないんじゃないかな、と勝手に思っています。

この日注文したのは、

エビフライ_タカセ

ライス_タカセ

エビフライ 1,000円に、
Bセット(ライス又はパン、ドリンク付き) プラス300円。

エビフライ単品で1,000円というのは、私の中ではちょっとお高めのお値段設定です。
しかしながら、やはり『タカセ』さん、そのボリュームで裏切りません。

エビフライ一本がやたらと大きい。
それは衣でカサを増しているわけではなく、単純にエビが大きい。

このエビを洋食っぽく、ナイフとフォークで切り分けていただきます。
かぶりつくには大きすぎるエビフライです。

たっぷり乗っているタルタルソースも嬉しい。
セットのライスは写真の通り、モリモリ。
これにドリンクが付いて1,300円なら、やはり安いんじゃないかと思います。

オムカレー_タカセ

もう一つは、オムカレーを注文。

オムライスにカレーという、贅沢な組み合わせのメニューです。
オムライスも食べたいし、カレーも食べたい。
そう思った方が開発したメニューなんでしょうね。
気持ち、分かります。
そして、美味しいに決まっています。どちらも美味しいですからね。

さきほど、『タカセ』さんのホームページでメニューを見ていたら、エビフライの写真に、エビが2本写っていましたが、この日出てきたエビはお皿に3本乗っていました。

こういう嬉しい裏切りがあるのも、『タカセ』さんに何度も言ってしまう理由かも。

池袋にある飲食店は、かなり遅い時間まで営業していることが多いですが、こちらの『タカセ』さんは、昔ながらの洋食屋さんということもあり、営業時間は9時~22時(ラストオーダーは21時30分)と、周りにある飲食店に比べれば早い時間にお店を閉めます。

そして、私がよく行く3階レストランは全席禁煙なので、煙草の煙を気にすることもなく、落ち着いて食事ができます。
(喫煙者の方は一度外に出て煙草を吸ってらっしゃるようです)

食事はしっかりしたいけど、終電前には余裕を持って帰りたい、と思われる方は、こちらの『タカセ』さんを利用されるのも良いのではないでしょうか。
楽しい食事をしていると、いつの間にか時間が過ぎて、終電を逃してしまう、という心配もありませんよ。

池袋「AL TEATRO」さんに行ってきました。

外観_TEATRO
2013年6月2日、池袋の東京芸術劇場の2階にある『AL TEATRO(アル・テアトロ)』さんへ行ってきました。

お店の『AL TEATRO』という名前は『劇場にて』という意味だそうです。東京芸術劇場にあるからこの名前をつけたのでしょうか。英語で言うと「AT THEATER」ということですね。

店内の様子_TEATRO
結婚式の2次会などに使われるお店で、どことなく敷居が高い感じがしましたが、ランチなら気軽に行けるだろうと、日曜日のランチに予定を合わせて行きました。

店内の様子2_TEATRO
劇場施設の1部ということもあり、店内の天井は高く、広々とした印象です(天井が6mあるそうです)。それだけで気持ちがどこかシュッと引き締まる感じがします。

この日注文したのは、ランチ1,200円コース。ただしこの日は日曜日なので、土日祝日の料金設定(1,380円)となっていました。

内容は、

サラダ_TEATRO
サラダ、

ボロネーゼ_TEATRO

トマトクリーム_TEATRO
パスタ
(写真上がラグーボロネーゼ(ボローニャ風ミートソース)、
写真下がエビとレタスのトマトクリームソース)に、

デザート_TEATRO
ドルチェとコーヒー。
写真上部のセットは紅茶を注文しています。

サラダもシャキシャキして美味しく、ラグーボロネーゼにはお肉がゴロゴロ入って、味もしっかりしていて美味しかったです。エビとレタスのトマトクリームソースもソースにエビの旨味が出ていて、こちらも美味しい。これにパンが付いていれば、パスタソースを余さず食べてしまいたいと思ってしまいました。

劇場施設内にあるお店で、パーティーにも使われるようなお店なので、パスタの量なんかは少ないのかと危惧していましたが、そうでもなく、程良くお腹いっぱいになるくらいの量でした。

ドルチェはプリンとベリー系のムースでした。甘いプリンと酸味のあるベリーのムースの組み合わせは、コーヒーにも良く合います。こういう組み合わせは飽きがこなくていいですね。

これだけの料理が出てお値段が平日1,200円なら、また来て今度は違うメニューを注文してみたいと思いました。

ただ唯一気になったのが、ちょっと料理が運ばれてくるのが遅かったかなということ。お店が広いので、店員さんが店内を行き来するのに時間がかかってしまうのかも知れません。

食事をしている最中は、そんなことも気にならないくらい料理が美味しかったので、ゆったりとした雰囲気で食事をしたいという方は一度、こちらの『AL TEATRO』さんにお邪魔してみるのも。